KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第5回

11月14~16日まで古賀矯正プログラムを行いました。

今年もあっという間にアドバンスコースが終了いたしました、皆さま、1年間お疲れ様でした。

コースでは一年間の総括をやりました。

.022 SWESに対して知識が深まったと思います。

また来年度も宜しくお願いします。

第76回日本矯正歯科学会大会

第76回日本矯正歯科学会大会

2017年10月18日(水)~20日(金)

札幌にて第76回日本矯正歯科学会大会がさっぽろ芸文館、ロイトン札幌、札幌市教育文化会館にて行われました。

当院、院長、スタッフも参加してきました。

休診中はご迷惑お掛けいたしました

 

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回 “SWESメカニクス応用 Ⅱ級コレクターについて

104日(水)~5日(木) 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回 “SWESメカニクス応用 II級コレクターについて”  が 開催されました。

Hycon Device、ESPLITTwinBlock(機能的装置)など世界的に効果が高いといわれているII級装置について、実習を通して学びました。

また、IPR(Inter Proximal Enamel Reduction についても実習も兼ねてスライドで学びました。

これは臨床の幅が広がるテクニックで、知っているのと知らないのでは大違いで、治療の最終段階でのディテーリングに差が出ます。

次回は、最後、総まとめ回になります。
皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第3回 “診断”

96日~7日 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第3回 “SWES診断・治療方針”  が 開催されました。

セファロ分析、McLaughlin分析(D-VTO、TETRAGON)、Arnett分析(STCA)、中心位、パナデント社咬合器について症例を通して学びました。

実習では、バイラテラルマニプレーション法でCRを採得しました。 バイトの厚みで苦労があったようですが概ね順調にいきました。

去年に続き、今回も特別に顎関節症治療で有名な中沢勝宏先生にお越しいただき解剖学的な形態を基本に咬合についてお話いただきました。

皆様、顎関節に対して認識が深まったようで、矯正治療にすぐ活かせる内容だったと思います。

次回は“様々なアプライアンス”についての予定です。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース第2回 “Bracketing” 

2017年7月5日(水)~6日(木)古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナーKOGA Orthodontic Program Advanceコース 第2回 “Bracketing” が開催されました。

SWES(straight wire edgewise system )にとってブラケットポジションは命です。というか、Standardでもそうでしょう。
矯正歯科治療にとって一番大事なことは診断、その次にBracket position というぐらいに大事なことです。

それなのに、具体的にどうしたほうがいいという講義を聞いたことがありません。

おそらく、ここまで具体的に教えられるのは世界広しといえでも古賀先生くらいではないでしょうか。ポジショニングは臨床歯冠の中央と思われている先生も多いかもしれませんが、このコースではっきりと理解できたのではないでしょうか。

また、次回は 大事な“診断”についてです。

皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース

KOGA Orthodontic Program Advanceコース
ストレートワイヤーエッジワイズシステム

2017年6月14日~15日 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコースが開催されました。 今回は5名の方が参加されました。

これから1年、宜しくお願いします。

コースⅠは SWES(straight wire edgewise system )の歴史から始まり、ブラケッティングやOJ,OBコントロール、finishing, wire forming ,wire cordinateなど基本的なことから難しい対応まで多岐にわたり講演がありました。

基本コンセプトは、“明日から使える矯正テクニック”です。 受講された先生方は懇親会の席でも本当に明日から使えることが多かったです、と喜んでいらっしゃいました。

このテクニックは、システム全体を通して色々なことに対して応用性が高い点が特徴です。

次回のコース内容は矯正治療上、特に大事なブラケットポジション=ブラケッティングです。
皆様、また一緒に頑張っていきましょう。