カテゴリー別アーカイブ: その他

第77回日本矯正歯科学会学術大会

10月30日~11月1日までパシフィコ横浜にて日本矯正歯科学会が開催され、当院、院長の専門医更新発表、スタッフのポスター発表を行ってきました。

ポスター発表は、管楽器、水泳経験者による印象採得時の嘔吐反射に対する発生率とその新しい対応というテーマで行いました。非常に多くの方から質問を受け皆さまの関心の高さにうれしくなりました。今後も対象人数を増やして追加発表を行っていきたいと思います。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第5回

11月14~16日まで古賀矯正プログラムを行いました。

今年もあっという間にアドバンスコースが終了いたしました、皆さま、1年間お疲れ様でした。

コースでは一年間の総括をやりました。

.022 SWESに対して知識が深まったと思います。

また来年度も宜しくお願いします。

第76回日本矯正歯科学会大会

第76回日本矯正歯科学会大会

2017年10月18日(水)~20日(金)

札幌にて第76回日本矯正歯科学会大会がさっぽろ芸文館、ロイトン札幌、札幌市教育文化会館にて行われました。

当院、院長、スタッフも参加してきました。

休診中はご迷惑お掛けいたしました

 

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回 “SWESメカニクス応用 Ⅱ級コレクターについて

104日(水)~5日(木) 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回 “SWESメカニクス応用 II級コレクターについて”  が 開催されました。

Hycon Device、ESPLITTwinBlock(機能的装置)など世界的に効果が高いといわれているII級装置について、実習を通して学びました。

また、IPR(Inter Proximal Enamel Reduction についても実習も兼ねてスライドで学びました。

これは臨床の幅が広がるテクニックで、知っているのと知らないのでは大違いで、治療の最終段階でのディテーリングに差が出ます。

次回は、最後、総まとめ回になります。
皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第3回 “診断”

96日~7日 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第3回 “SWES診断・治療方針”  が 開催されました。

セファロ分析、McLaughlin分析(D-VTO、TETRAGON)、Arnett分析(STCA)、中心位、パナデント社咬合器について症例を通して学びました。

実習では、バイラテラルマニプレーション法でCRを採得しました。 バイトの厚みで苦労があったようですが概ね順調にいきました。

去年に続き、今回も特別に顎関節症治療で有名な中沢勝宏先生にお越しいただき解剖学的な形態を基本に咬合についてお話いただきました。

皆様、顎関節に対して認識が深まったようで、矯正治療にすぐ活かせる内容だったと思います。

次回は“様々なアプライアンス”についての予定です。