カテゴリー別アーカイブ: その他

KOGA Orthodontic Program Advanceコース第2回 “Bracketing” 

2017年7月5日(水)~6日(木)古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナーKOGA Orthodontic Program Advanceコース 第2回 “Bracketing” が開催されました。

SWES(straight wire edgewise system )にとってブラケットポジションは命です。というか、Standardでもそうでしょう。
矯正歯科治療にとって一番大事なことは診断、その次にBracket position というぐらいに大事なことです。

それなのに、具体的にどうしたほうがいいという講義を聞いたことがありません。

おそらく、ここまで具体的に教えられるのは世界広しといえでも古賀先生くらいではないでしょうか。ポジショニングは臨床歯冠の中央と思われている先生も多いかもしれませんが、このコースではっきりと理解できたのではないでしょうか。

また、次回は 大事な“診断”についてです。

皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

Angle society meeting / McLaughlin private meeting

2017年3月17日~20日 アメリカ・ユニバーサルシティにてAngle society meeting 、21日 McLaughlin private meetingが行われました。 当院 院長が参加・発表してきました

この学会は、世界の矯正歯科学会の中でも一番歴史があり、参加資格を得るのにも難しい大変由緒ある学会です。世界中の矯正歯科医にとって、参加するだけでも光栄なこととされてます。

非常にレベルの高い学会に参加でき、発表することで自分自身の勉強にもなり貴重な体験ができました。

Digital Orthodontics Study club参加

第4回Digital Orthodontics Study club in Fukuoka

2015年5月27日(水)~28日(木)福岡With The Style Fukuokaにて第4回Digital Orthodontics Study club -A c c e l e r a t e d t o o t h m o v e m e n t – M y t h s a n d F a c t s – が行われ、歯科検診のため 初日だけ参加してきました。

第4回Digital Orthodontics Study club in Fukuoka
第4回Digital Orthodontics Study club in Fukuoka

矯正治療中の痛みを減らす方法!

今日は矯正治療中の痛みについてです。
矯正治療は歯をきれいに並べていくわけですが、骨の中で歯を動かしていく際に、生理的な反応としてどうしても痛みがでてしまいます。
歯につけるブラケットを選ぶことで(セルフライゲーションブラケットなど)従来の装置より痛みが軽減できますが、本日は食べ物で痛みを軽減する方法を教えます。
 “痛みを軽減する食べ物
  ① 果物  ② 野菜
  ※ 血行がよくなり発痛物質の除去を促進するので痛みが減るのです!
  “逆にこれを食べると痛みが増えるものも”も紹介します
   ① 御菓子 ② 酒  ③ 穀類(御飯、パン、ウドンなど) 
   ④ 肉類(獣鳥魚介) ⑤ 卵
 ※ 砂糖の摂り過ぎは、血中の中性脂肪を増加させ、血小板が偽足を出して凝集しやすくなり、血行を悪化させ、酸性の代謝中間産物(乳酸など)を蓄積させ、痛みを増悪させます。
 診療した次の日は、なるべくベジタリアンになるといいんですね
 治療中の人は試してみてください
 お酒は、本当に次の日 痛みがでますよ~ (経験談)

抜いた歯は、、、、、。

抜いた歯は、どこへいくのか。
記事では、①患者さんの手元へ ②歯科医院が保管 ③廃棄処理
の3つのパターンしかないようですが
健康な歯を抜歯する場合、もう1つここを見てみましょう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
歯の銀行・スリーブラケッツ
20年冷凍保存できるそうです!
矯正治療では、歯のガタガタや咬みあわせを良くするために健康な歯を抜歯して治療することが結構ありますが、なんかもったいないですよね。
そんな人にお勧めです。
冷凍庫みたいなものに入れて保管するんでしょうけど、もし間違って電源が切れてたなんてなったら大変ですね。
歯医者で抜いた歯はどこに行くのか? | Excite エキサイト