お休みについて

カレンダーが機能してないのですみませんが、こちらから案内します。
年末は27日まで (今日まででした すみません)
年始は6日から診療します。
よろしくお願いします。

“骨伝導”で音楽が聴ける子ども向け歯ブラシ


ハブラシしながら音楽を聴こう!
アメリカ人ぽい発想にしびれます。
骨伝導というテクノロジーをこんな形で利用するなんて!!
種類は、ヒラリー・ダフからキッスまで幅広い!
なんだかすごい!この発想。
思わず買って磨きたくなるよね。
以下、記事です。
子どもの頃、母親に毎朝毎晩「歯磨きしたの?」と言われ続けていた。
大人になった今では「磨く」ことが習慣になっているが、「歯磨き面倒だな~」と思う子どもたちは多いのではないだろうか。子どもでなくても、疲れ切って眠い夜などはパスしたいものの一つかもしれない。
そんな人に楽しい歯ブラシがクリスマス商戦を狙ってか、年末に米国トイメーカーの「ハズブロ(Hasbro)」から発売される。その名も「トゥース・チューンズ(tooth tunes)」。
歯ブラシにマイクロチップが内蔵され、歯磨きをすると音楽が聞こえる仕組みになっている。
歯磨きしながらどうやって音楽を聴くのか、というと、骨伝導方式だという。
歯ブラシの毛先が歯に触れると顎骨から中耳に直接音楽が届くということらしい。
子ども向けの音楽歯ブラシだもん、きっと童謡かなんかが聞こえるんじゃないの?
なんて声が聞こえてきそうだが、ディスティニーチャイルドやヒラリー・ダフのようなアイドルから始まり、懐かしのクィーンやキッスの曲までもがある。
来年には、スマッシュ・マウスやブラック・アイド・ピーズなどの曲も加わるというので、iPod世代の若者にも受け入れられるかもしれない。
一本の歯ブラシに一曲のみ約2分間が入っている。
この2分間というのは、歯磨き1回に費やす時間の目安で、アメリカ歯科協会が薦めているものだ。歯にブラシをしっかり当てないと、お気に入りの曲もよく聴こえないので、効率よく磨けるというのが利点のようだ。
逆に、一曲のみというので同じ曲に飽きる可能性もあるが、あらかじめ何本かそろえておき、その日のムードで曲を選択する(歯ブラシを選択する)というのもありだと思う。
将来的には曲をダウンロードできる歯ブラシなんてことになるんだろうか。
気になるお値段は、日本円で約1200円程。今時点では日本での販売は未定ということだが、Jポップ歯ブラシというのも充分魅力的だと思う。
さて、何の曲の歯ブラシを買おうかな。
“骨伝導”で音楽が聴ける子ども向け歯ブラシ | Excite エキサイト
“TOOTH TUNES | Excite エキサイト

歯痛も神頼み

“痛いの痛いの飛んでゆけ~”
小さいころよく、転んだりぶつけたりした時にこの決まり文句を親から言われたりすると不思議と痛みが飛んでいく気がしたのは私だけででしょうか。
いつの時代でも痛い時や困ったときの最後の頼みは神様、仏様、お母様~~!
ってなことで、和歌山にある熊野古道に歯痛にきくお地蔵さんがあるそうです。
このあたりには昔から歯医者さんがなく歯が痛くなるとひたすら我慢していたそうです。
それでも我慢できないときお参りにくると効いたそうな、、。
なんとも痛々しいはなしですが、昔の人はずいぶん忍耐強かったんですね。
ちなみに、お腹が痛いときに母に手でさすってもらうと痛みがひくのは科学的な根拠があるそうです。たしか、お腹を温かくすることで免疫力が上がる、、、とかいう理由だったような。
うーん、忘れました。間違ってるかもしれません。確認してみてくださいね。
以下記事です。

歯痛専門の地蔵が、ある | Excite エキサイト