Angle society meeting / McLaughlin private meeting

2017年3月17日~20日 アメリカ・ユニバーサルシティにてAngle society meeting 、21日 McLaughlin private meetingが行われました。 当院 院長が参加・発表してきました

この学会は、世界の矯正歯科学会の中でも一番歴史があり、参加資格を得るのにも難しい大変由緒ある学会です。世界中の矯正歯科医にとって、参加するだけでも光栄なこととされてます。

非常にレベルの高い学会に参加でき、発表することで自分自身の勉強にもなり貴重な体験ができました。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第5回

KOGA Orthodontic Program Advanceコース
第5回“SWESアドバンスコース総括
システムを組み合わせて歯列のマネージメントを図る”

2016年11月29日(火)~12月1日(木) 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第5回 “SWESアドバンスコース総括” が開催されました。

アドバンスコース総括と検討、さまざま不正咬合症例へのアプローチ、咬合調整、歯列のマネージメント、治療のフロー、矯正新情報の整理などを学びました。

今までのコースの情報おさらいも多かったですが、ブラケッティング、Levelling&Aligne、メカニクス、CR、TADs、DJD、シニアの矯正、そして咬合調整とコース最終にふさわしい素晴らしい内容でした。

今までに発刊された教科書
『プリアジャステッドブラケットシステム・ストレートワイヤーテクニック』
『プリアジャステッドアプライアンスを用いた矯正治療と歯列のマネージメント』
『システマイズドオルソドンティック』
『ストレートワイヤー法』

を実際に抄読して足りない情報も補えることもできました。

受講された皆さんは、この情報を患者さんの治療に役立てていくことを希望します。
また、来年 お会いしましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回

KOGA Orthodontic Program Advanceコース
第4回 “SWESメカニクス応用 II級コレクターについて”

2016年10月12日(水)~13日(木) 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第4回 “SWESメカニクス応用 II級コレクターについて”  が 開催されました。

Hycon Device 、ESPLIT 、TwinBLock(機能的装置)など世界的に効果が高いといわれているII級装置について、実習を通して学びました。

また、IPR(Inter Proximal Enamel Reduction )についても実習も兼ねてスライドで学びました。

これは臨床の幅が広がるテクニックで、知っているのと知らないのでは大違いで、治療の最終段階でのディテーリングに差が出ます。

次回は、最後、総まとめ回になります。
皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース第3回 “診断”

2016年9月7日~8日 古賀矯正歯科にて矯正専門医向けのセミナー KOGA Orthodontic Program Advanceコース 第3回 “SWES診断・治療方針”  が 開催されました。

セファロ分析、McLaughlin分析(D-VTO、TETRAGON)、Arnett分析(STCA)、中心位について症例を通して学びました。

実習では、私が被検者となりCRに誘導して頂きました。

今回は特別に顎関節症治療で有名な中沢勝宏先生にお越しいただき解剖学的な形態を基本に咬合についてお話いただきました。

皆さん、矯正治療の“肝”の部分である診断について真剣に取り組んでおりました。
また、次回は“様々なアプライアンス”についてです。
皆様、また一緒に頑張っていきましょう。

KOGA Orthodontic Program Advanceコース